三国志大戦TCG考察ブログ
新しく始めた三国志大戦TCGに関するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境予想

もう少しまじめに環境予想を。

基本は呉一択の環境です。Rシュウユ強すぎ。
SRは枚数制限、能力修正共にしないことを前提と
したカードゲームっぽいので手を加えやすい
Rカードに強カードを持ってきたのかもしれません。
恐らく枚数制限がかかること前提のカードでしょう。


そうは言っても現在は4枚入れていいカードなので
それに対抗できるデッキを作らないと勝負になりません。
(基本流行デッキを使うのは嫌いなので
自分が呉を使うという選択肢はありません)

カードリストを見た中で対抗出来そうなのは
蜀の長槍と群の妨害工作、馬超。

蜀の方では馬雲リョクが対抗カードとして優秀ですね。
4コストなので先行呉の5ターン目シュウユに対して
相打ち取れる上、カントウがいてもやられないので
安定してます。今までの4ターン目劉備に比べると
攻撃力(攻城力)に劣りますが5ターン目に攻城2を
出せるように構築する必要が出てきますが。

群は妨害工作がストレートに使いやすいので
呉対策としてはこちらの方が分かりやすいですね。
シュウユだけでなくタイシジ、ソンコウも入っている
パターンが多いのでスカる可能性はそんなに高くないです。

新SRの馬超もかなり高評価。
普通に相手の陣形を崩せます。
火計くらっても死なないパワーも素敵です。

基本はリカクシと牛でハンドアド取りつつ
董卓に繋げて馬超で勝負なので
今までの戦い方とあんまり変わらないのもいいですね。
(4ターン目は工作打つのが前提になるので
あんまり4コスト入れられないのがどう響くのかは
実際やってみて考えます)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。